ここから本文です

またも被害見つかる 高岡市の図書館でも切り取り/富山

5/16(火) 11:05配信

チューリップテレビ

 全国の図書館で学校史などの切り取り被害が相次いでいる問題で、あらたに高岡市立中央図書館でもあわせて7冊に欠落や切り抜きがあることが分かりました。

 愛知県や岐阜県などの図書館で学校史や記念誌が切り取られる被害が相次いで発生したことを受けて、高岡市立中央図書館は、所蔵する教育関係の図書およそ3200冊について被害がないか調査していました。
 15日までにまとまった調査結果によりますと、『大谷(おおたに)中学校・10年のあゆみ』や『志貴野(しきの)高校・三十年の歩み』など、あわせて7冊で欠落や切り抜きが見つかりました。
 このうち、もっとも多く欠落していたのは、『高岡女子高校・八十年の歩み』で、1冊は30ページ分が、別の一冊が8ページ分欠落していました。
 高岡市立中央図書館では、可能な限り被害を受けた資料の修復を試みるほか、警察に被害届を出すことにしています。
 県内では、このほか、県立図書館や上市図書館、富山市や滑川市の図書館でもあわせて12冊の被害が見つかっています。

チューリップテレビ