ここから本文です

弁当やスイーツ9商品販売 ローソン/青森出店20周年記念

デーリー東北新聞社 5/16(火) 11:40配信

 コンビニエンスストアを全国展開するローソン(本社・東京)は16日から、青森県内への出店20周年を記念して、県産食材を使った弁当やスイーツなど9商品を東北地方の全1052店舗で販売する。同社は「感謝の気持ちを込めた。地元の皆さんに普段から慣れ親しんでいる味や食材を味わってほしい」とPRしている。

 同社は1997年4月、青森出店第1弾として浪岡福田店(青森市)と弘前和徳町店(弘前市)を開店。同時期に秋田、沖縄両県にも進出し、コンビニチェーンで初めて全国47都道府県への展開を果たした。

 20周年記念商品は、「県産牛肉と豚肉のたげめぇ弁当」(530円)、「青菜とほたておにぎり」(120円)、八戸市の洋菓子店「アルパジョン」が監修、製造する「朝の八甲田~シールド乳酸菌入り~」(プレーン188円、リンゴ、抹茶198円)など。

 15日は、同社運営本部東北運営部の小畑紀之運営統括らが県庁を訪れ、記念商品の発売を報告。三村申吾知事は「地域との良い連携を示してもらった」と感謝した。

 商品販売期間は2週間程度を予定しているという。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/16(火) 11:40

デーリー東北新聞社