ここから本文です

住友ゴム工業がタイヤセンシング技術「SENSING CORE (センシングコア)」を発表

5/16(火) 20:29配信

オートックワン

自動運転車の実現にも繋がるタイヤセンシング技術

住友ゴム工業は、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析することにより、路面の滑りやすさやタイヤにかかる荷重などの情報を検知するタイヤセンシング技術「SENSING CORE」を開発しました。

記事の関連写真はコチラ

「SENSING CORE」は、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析することでタイヤの空気圧低下を検知し、ドライバーに知らせるタイヤ空気圧低下警報装置「DWS(Deflation Warning System)」を実用化し、これまでにも世界各国の車両に純正採用されてきました。

今回の「SENSING CORE」はこのDWSで培った技術をベースに、それをさらに進化と発展をさせて生まれたもので、特別なセンサーを必要とせず、既存の車輪速度信号を使ってソフトウェアで検知するため、メンテナンスフリーで低コスト化を図ることができます。

路面と唯一接触しているタイヤをマネジメントし、安全な走行を実現する

タイヤは唯一路面と接し、車両の重量を支えています。「SENSING CORE」はそのタイヤだからこそ分かるさまざまな情報を、住友ゴム工業が独自に開発したアルゴリズムによって検知し、 車両やドライバーに提供するものです。

車輪速度信号を解析・統計処理することによって、タイヤの空気圧低下のみな らず、路面の滑りやすさや4輪それぞれのタイヤにかかる荷重などをリアルタイムに推定することが可能になります。さらに将来的にはこの技術を応用し、タイヤの摩耗や損傷などを推定することや、得られた情報を収集、分析し、他の車両へ配信することが期待できます。

「SENSING CORE」は、ドライバーの安全な走行に寄与するとともに、今後、急速に進む自動運転車の高度化にも繋がる技術です。住友ゴム工業は今後、 技術開発をさらに進め、安全で環境負荷の少ないモビリティ社会の発展を実現していきます。

タイヤセンシング技術「SENSING CORE (センシングコア)」について

【路面の滑りやすさの検知】路面の滑りやすさによって、スリップ率と力の関係(傾き)が異なります。この傾きを車輪速信号からリアルタイムに導出し、路面の滑りやすさを検知します。

【タイヤにかかる荷重の検知】タイヤにかかる荷重が増加するとタイヤのたわみが大きくなり、タイヤの回転時に発生する回転変動が大きくなります。その結果、タイヤの振動特性の振幅が大きくなり、その特性の変化を前後左右のタイヤで比較することで荷重配分を推定し、4輪それぞれの荷重を検知します。

【「SENSING CORE」ネーミングの由来】路面と唯一の接点であるタイヤは、自動車の性能や安全性に大きな影響を及ぼすコア(核) の一つです。そのタイヤだからこそ判るさまざまな情報を検知するコアとなる技術が「 SENSING CORE」です。

【タイヤ空気圧低下警報装置(DWS)の作動イメージ】車輪速信号を利用してタイヤの空気圧低下を検知する住友ゴム工業独自の技術で、多くの車両に純正装着されています。

最終更新:5/16(火) 20:29
オートックワン