ここから本文です

【WEC】トヨタ、ル・マン必勝目指しドライバー編成を変更。7号車は小林/コンウェイ/サラザン組に

motorsport.com 日本版 5/16(火) 17:26配信

 TOYOTA GAZOO Racingは、6月17-18日に行われる予定のWEC(世界耐久選手権)第3戦ル・マン24時間レースに向けて、ドライバー編成の変更を行うことを発表した。TOYOTA GAZOO Racing TS050 Hybridの7号車クルーであるホセ・マリア・ロペスと、9号車クルーのステファン・サラザンがスワップする。

2016年ル・マン24時間レース後、抱えられるようにピットに戻る中嶋一貴。「勝つまでやりましょう!」と雪辱を誓った

 新たなドライバー編成は、以下の通りである。

7号車:小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ステファン・サラザン

9号車:国本雄資、ニコラス・ラピエール、ホセ・マリア・ロペス

 なお、8号車のドライバーに変更はなく、中嶋一貴とセバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビットソンのトリオで昨年の雪辱を目指す。

 新しく編成された7号車のメンバーは、昨年のル・マン24時間レースで2位表彰台を獲得し、2016年シーズンで3位という成績を残しているトリオだ。

 今季よりトヨタの新たなメンバーとして迎え入れられたロペスだが、開幕戦シルバーストンでのクラッシュによる負傷によって第2戦スパを欠場、ル・マンに向けて十分な走行経験を積むことができなかったことが考慮され、今回の特別編成が組まれることになった。

 そのため、ロペスはル・マン以降の第4戦から、再び7号車トヨタのクルーとして、小林とコンウェイと共にシリーズを戦っていくことになる。

最終更新:5/16(火) 17:36

motorsport.com 日本版