ここから本文です

清水綾乃と馬場早莉がシードを破って2回戦へ [久留米/女子テニス]

5/16(火) 23:13配信

THE TENNIS DAILY

「久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子テニス」(福岡県久留米市・新宝満川地区テニスコート/本戦5月16~21日/賞金総額6万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦が始まり、初日はシングルス1回戦8試合とダブルス1回戦5試合が行われた。

元世界31位のリバリコバが岐阜に続いて2週連続優勝、ダブルスは波形純理/高畑寿弥がタイトルを獲得 [福岡国際女子]

 シングルスは、第1シードのセニア・リキーナ(ロシア)、第2シードの澤柳璃子(ミキハウス)、ケイティ・ボールター(イギリス)、清水綾乃(フリー)、今西美晴(島津製作所)、オリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)、牛島里咲(筑波大学)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の馬場早莉(フリー)が2回戦に駒を進めた。

 4月にプロ転向を果たした19歳の清水が第3シードの秋田史帆(北島水産)を5-7 7-6(3) 6-3で、馬場は第7シードの桑田寛子(島津製作所)を2-6 6-4 6-1で破っている。

 ダブルスでは、第1シードの藤原里華(北日本物産)/奥野彩加(Club MASA)、前週の福岡(ITF6万ドル/砂入り人工芝コート)で優勝を果たした第2シードの波形純理(伊予銀行)/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)、第4シードのケイティ・ダン(イギリス)/タミ・パターソン(オーストラリア)、華谷和生(Ravie Court)/小関みちか(フリー)、予選勝者の荒川晴菜(フリー)/西本恵(島津製作所)が初戦を突破した。

 5月17日(水)は10時00分から、シングルス1回戦残り8試合とダブルス1回戦残り3試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○1セニア・リキーナ(ロシア)[1] 6-1 6-2 ●2鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)

○4牛島里咲(筑波大学)6-3 6-3 ●3小関みちか(フリー)

○5ケイティ・ボールター(イギリス)6-2 6-4 ●6緒方葉台子(グラスコート佐賀テニスクラブ)[WC]

○10清水綾乃(フリー)5-7 7-6(3) 6-3 ●9秋田史帆(北島水産)[3]

○20今西美晴(島津製作所)2-6 6-0 6-3 ●19ジョゼフィーヌ・ブアレム(フランス)

○26馬場早莉(フリー)[WC] 2-6 6-4 6-1 ●25桑田寛子(島津製作所)[7]

○30オリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)6-2 5-7 6-1 ●29瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)

○32澤柳璃子(ミキハウス)[2] 6-3 6-3 ●31宮原未穂希(TEAM 自由が丘)[WC]

--------------------

【ダブルス1回戦】

○1藤原里華/奥野彩加(北日本物産/Club MASA)[1] 6-2 6-4 ●2美濃越舞/清水綾乃(YCA/フリー)

○4荒川晴菜/西本恵(フリー/島津製作所)[Q] 7-6(5) 6-3 ●3小堀桃子/西郷幸奈(橋本総業ホールディングス/総武グリーンテニスクラブ)[Q]

○5ケイティ・ダン/タミ・パターソン(イギリス/オーストラリア)[4] 6-3 6-0 ●6馬場早莉/緒方葉台子(フリー/グラスコート佐賀テニスクラブ)[WC]

○7華谷和生/小関みちか(Ravie Court/フリー)6-1 7-6(5) ●8松田美咲/高橋玲奈(亜細亜大学)[WC]

○16波形純理/高畑寿弥(伊予銀行/橋本総業ホールディングス)[2] 6-0 7-6(3) ●15加藤慧/内島萌夏(日本大学/昭和の森ジュニアテニススクール)[Q]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/16(火) 23:13
THE TENNIS DAILY