ここから本文です

心無い行為…大宮西部図書館で記念誌切り取り 全国で被害、県内は初

5/16(火) 23:01配信

埼玉新聞

 さいたま市立中央図書館は16日、市立大宮西部図書館(北区)が所蔵する市立中学校の記念誌1冊の一部、3ページ分が切り取られていたと明らかにした。同図書館は今後、館内巡回を強化する。学校記念誌の切り取り被害は埼玉県で初めてとみられる。

 市立中央図書館によると、全国の図書館で学校記念誌が相次いで切り取られる被害が遭ったことを受け、今月11日から、市立図書館全25館で所蔵している学校記念誌の状況を調べた結果、529冊のうち1冊の被害が見つかったという。切り取られたのは100ページのうち3ページ分で、体育祭、修学旅行、部活動などの写真が掲載してある全2ページと、写真のみの1ページ。

 学校記念誌は開架図書として一般資料室の地域資料コーナーに置かれ、館内閲覧用の扱いになっていて、いつ切り取られたかは不明という。

 市立中央図書館資料サービス課は「誰でもいつでも自由に入れる図書館だが、利用者のほとんどがマナーを守り、資料も大切に扱っている。こうした心無い行為によって全ての学校記念誌の書庫入れはしないが、図書館では今後、館内巡回を強化し再発防止に努めたい」と話している。

最終更新:5/16(火) 23:01
埼玉新聞