ここから本文です

「中核市」移行目指す福島市 県に同意申し入れ

福島民友新聞 5/16(火) 10:51配信

 来春の中核市移行を目指す福島市は15日、中核市移行に関する同意を県に申し入れた。県は6月議会に議案を提出する方針で、市は県議会で同意を得た後、今夏にも総務大臣に対して、中核市の指定を申し入れる。

 県庁で行われた申し入れでは、小林香市長と高木克尚市議会議長が内堀雅雄知事に申し入れ書を手渡した。

 内堀知事は「中核市の移行に向けて県としてもしっかりと支援していく」と述べた。

 同日、県議会にも申し入れを行った小林市長は「(中核市移行によって)住民サービスの向上や地域の特色を生かしたまちづくり、また地域間の連携の絆を強めていきたい」と語った。

 同市によると、法定手続きが順調に進んだ場合、早ければ今秋にも国から中核市指定の政令が公布される見通しとなっている。

福島民友新聞

最終更新:5/16(火) 10:51

福島民友新聞