ここから本文です

福島・川俣町広報が全国1位 全国広報コンクール町村部

福島民友新聞 5/16(火) 11:15配信

 日本広報協会は15日までに、全国広報コンクールの審査結果を発表、本県から広報紙部門(町村部)で川俣町の「広報かわまた昨年3月号」が1位に当たる特選と総務大臣賞を初めて受賞した。

 「広報かわまた昨年3月号」では、原発事故後、初めて運営を再開した同地区名物「田んぼリンク」の復活を、地域住民や利用する子どもなどの視点で特集した。審査員からは構成や記事の迫力、写真などが高く評価された。

 東京電力福島第1原発事故により同町山木屋地区に出されていた避難指示が解除され、復興に向けた足音に力強さが増す町に届いた吉報。「町民の頑張りが評価されたことが何よりうれしい」。広報かわまたを手掛ける町総務課文書広報係の斎藤健太郎さん(29)は喜びをかみしめた。  広報かわまたに携わり5年目を迎えた。「町民の頑張りのきっかけになれば」と斎藤さん。町民に愛される“町民ファースト“の広報紙を今後も届けるつもりだ。

福島民友新聞

最終更新:5/16(火) 11:15

福島民友新聞