ここから本文です

3冠へ向けて最も失ってはいけない選手を失った!? ユーヴェ、“影の立役者”マンジュキッチが負傷

5/16(火) 17:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ローマ戦で腰部を負傷したマンジュキッチ

ユヴェントスは15日、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが負傷したことを発表した。

14日に行われたセリエA第36節ローマ戦でスタメンに名を連ねたマンジュキッチ。試合終盤に腰を負傷し、ピッチに倒れ込んでいた。しかし、ユヴェントスは交代カードを全て使い切ってしまっていたため、最後までピッチに立ち続けたが、たびたび苦痛で顔を歪めたり腰を抑えながら手を膝についたする姿が捉えられていた。

クラブの公式サイトによると、マンジュキッチは腰部に鈍的外傷を負っており、16日に再検査を実施する予定とのことだ。そして、『EUROSPORT』など複数メディアは、17日に行われるラツィオとのコッパ・イタリア決勝は欠場するのではないかとの見解を示している。

豊富な運動量と献身的なプレイで今季のユヴェントスを支えて来た「影の立役者」マンジュキッチの離脱は、3冠を目指す同クラブにとって大きな痛手だ。はたして、マンジュキッチは復帰までにどれくらいの期間を要することになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/