ここから本文です

アザールが世界最高になるにはまだ不十分 ネビル氏「彼なら20~25点、アシストも2桁にしないと」

theWORLD(ザ・ワールド) 5/16(火) 18:40配信

今季はかなり改善されたが……

先日、チェルシーに所属するMFエデン・アザールは「バロンドールをいつか獲得したい。そういう気持ちはある。別に実現しなくても問題ではないけどね」と世界最高の座に興味を抱いていることを明かしていた。それほど強くこだわっているわけではないようだが、サッカー選手ならば誰だって世界最高の座に就いてみたいと1度は思うことだろう。

最高のキャプテンに最高の花道を!

そのアザールは今季ここまで15得点5アシストを記録しており、昨季の不振から考えるとパフォーマンスは大きく改善された。お得意のドリブルも今季はキレが戻っており、1対1ならばほとんど止められることはない。今季のパフォーマンスを続けることができればバロンドールの可能性も見えてきそうだが、元マンチェスター・ユナイテッドDFガリー・ネビル氏はまだ不十分だと主張する。

英『sky SPORTS』によると、同氏はアザールの成績について「15得点に5アシスト。良いシーズンだ。だが、私は彼ならシーズンに20~25得点、アシストも二桁にすべきだと思う」とコメントしており、アザールの才能を考えるとまだまだ足りないとの意見だ。

アザールには今夏レアル・マドリードへ向かうといった噂もあり、チームが変われば成績も変化する可能性はある。レアルではチェルシー以上に攻撃の時間が長くなって得点を20の大台に乗せることができるかもしれない。いずれにしてもネビル氏はまだまだ不十分と考えているようだが、アザールがこれをクリアした時バロンドールへの道筋がもう少しはっきりと見えてくるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/16(火) 18:40

theWORLD(ザ・ワールド)