ここから本文です

上下水道局PCがウイルス感染

ホウドウキョク 5/16(火) 8:10配信

世界各国で、身代金を要求するコンピューターウイルスの被害が相次ぐ中、神奈川県の川崎市上下水道局のパソコンが感染していたことが、新たにわかった。
15日、川崎市上下水道局 総務部 情報管理課・松井 宗一郎課長は「このパソコンが、きょう朝8時に起動した途端に、この画面になっております。われわれも、非常に驚いている」と話した。
15日午前8時ごろ、上下水道局のパソコン1台を起動させたところ、身代金を要求する画面が表示され、保存しているファイルが開けない状態になったという。
感染したのは、海外の自治体とメールやファイルの交換をしているパソコンだが、不審なメールを受信するなどの異常はなかったという。
内部のネットワークには接続していないため、業務への支障は出ていないという。

最終更新:5/16(火) 8:10

ホウドウキョク