ここから本文です

仏大統領初外遊で独首相と会談

ホウドウキョク 5/16(火) 11:07配信

フランスのマクロン新大統領は15日、初めての外国訪問として、隣の国・ドイツを訪問した。
メルケル首相との首脳会談に臨み、EU(ヨーロッパ連合)の改革を進めていくことなどで合意した。
14日に就任したばかりの親EUのマクロン大統領は、訪問先のベルリンで、メルケル首相と会談し、EUの統合を進め、特にユーロ圏が財政危機に陥らないよう強化するためのロードマップを策定することなどで合意した。
マクロン大統領は「ようやく、EUとユーロ圏のための中期計画に、共に取り組めることをうれしく思う」と述べた。
さらにマクロン大統領は、共同記者会見で、EU条約の改正について、フランスはこれまで、タブーとしてきたものの、今後、必要があれば、改正に応じるという姿勢を示した。

最終更新:5/16(火) 11:07

ホウドウキョク