ここから本文です

トレンドマイクロが緊急セミナー

ホウドウキョク 5/16(火) 11:32配信

これまで確認された被害は、9件だという。
世界各地で相次いでいる大規模なサイバー攻撃を受け、トレンドマイクロは、東京都内で緊急セミナーを開き、国内での問い合わせ件数が12日から15日午後4時までに法人、個人あわせて175件にのぼったと発表した。
実際に被害にあったのは、9件だったという。
今回は、データを勝手に暗号化することで、パソコンやデータを使えなくして、復旧と引き換えに「身代金」を仮想通貨「ビットコイン」で支払うよう要求する、「ランサムウエア WannaCry」というウイルスが使われた。
トレンドマイクロは、マイクロソフトのOS(基本ソフト)「ウィンドウズ」のアップデートや、重要なデータの定期的なバックアップなどを推奨している。

最終更新:5/16(火) 11:32

ホウドウキョク