ここから本文です

北方領土 80人規模の調査団派遣へ

ホウドウキョク 5/16(火) 17:24配信

4月の日ロ首脳会談で合意した、北方領土での共同経済活動の実現に向けた官民合同の調査団について、政府が、安倍首相の側近をはじめ、80人程度を派遣する方向で調整していることがわかった。
関係者によると、調査団は、安倍首相側近の長谷川 栄一首相補佐官を筆頭に、外務省や国土交通省、水産庁、北海道庁からも職員が参加し、養殖漁業などの専門家やロシアでの投資に興味を持つ企業関係者も含め、総勢80人規模になる見通し。
5月30日に出発し、北方領土で水産資源の開発や観光振興などの分野を中心に、6月4日まで調査を行う方向で調整が進められている。

最終更新:5/16(火) 17:24

ホウドウキョク