ここから本文です

習主席と「北」対応で意見交換

ホウドウキョク 5/16(火) 17:27配信

中国を訪問している自民党の二階幹事長は、習近平国家主席と会談し、北朝鮮への対応での、日中の連携について意見交換した。
自民党の二階幹事長は、「中国と日本が協力しあうことによって、何でもできるのではないか」と述べた。
二階幹事長は16日午前、北京市内で習主席と会談し、14日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮について、日中の連携した対応を確認するとともに、中国に積極的な役割を果たすように求めた。
また、二階氏は、安倍首相から習主席に宛てた親書を手渡し、2017年内の首脳会談の実現など、日中関係改善のきっかけにしたい考え。

最終更新:5/16(火) 17:27

ホウドウキョク