ここから本文です

センター試験に代わる共通テスト案

ホウドウキョク 5/16(火) 17:38配信

文部科学省は、大学入試センター試験に代わる共通テストの取りまとめ案を公表した。このうち、英語については、民間の検定試験を活用するとしている。
センター試験に代わって、2020年度から新たに実施される「大学入学共通テスト(仮称)」は、国語と数学ではマークシート式に加え、記述式問題が導入される。
問題例では、契約書や公園の整備計画など、複数の資料を題材に読解力などを試し、自分の考えや、必要な数式などを記述させる問題が示されている。
一方、英語は、英検やTOEICなどのうち、正式な認定を受けた民間の資格・検定試験を活用するとしていて、これにともない、全員共通の英語のテストは遅くとも2024年度以降、実施されないことになる。
文科省は、16日からパブリックコメントを募集し、6月中に方針を取りまとめる予定。

最終更新:5/16(火) 17:38

ホウドウキョク