ここから本文です

築地の品質管理「徹底して」

ホウドウキョク 5/16(火) 23:53配信

「市場内での品質管理を徹底してほしい」と意見が寄せられた。
東京都は、豊洲移転をめぐり、市場のあり方を検討する戦略本部で、水産事業者にヒアリングを行った。
宮城・気仙沼市の水産事業者は、「築地市場は低温管理ができていない。わたしどもが手をかけたものが、売り場に行くと、かわいそうな状態になっている」と話した。
長崎・松浦市の水産事業者は、「数十年築地を見てきて、産地が気を遣って(品質管理を)一生懸命やったことが生かされているのか、ずっと思っていた」と話した。
水産事業者からは、「産地で行われている品質管理が、築地市場では、商品が野ざらしにされ、できていない」との意見が出たほか、豊洲市場で地下水の汚染が議論されていることについては、「それ以上に、地上で流通している魚に、もっと気を遣っていただくべきだ」と指摘があった。
また、「魚の鮮度には、時間が命。入り口から出口がはっきりわかる、物流の動線が必要」と、現状の市場の交通事情についても、改善を求める声が寄せられた。
中西副知事は、ヒアリングの内容を知事に報告し、今後の検討に生かしたいとしている。

最終更新:5/16(火) 23:53

ホウドウキョク