ここから本文です

日本代表候補に比江島慎や富樫勇樹らが選出、12名に絞られ東アジア選手権に挑む

バスケットボールキング 5/16(火) 19:51配信

 日本バスケットボール協会(JBA)は5月16日、第5回東アジアバスケットボール選手権大会の男子日本代表候補選手16名を発表した。

 発表された16名から12名に絞られ、6月3日から長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリング)で行われる大会に挑む。

 メンバーにはシーホース三河の比江島慎と橋本竜馬、アルバルク東京の田中大貴と竹内譲次、千葉ジェッツの富樫勇樹と小野龍猛の他、帰化選手のアイラ・ブラウンや筑波大学4年の馬場雄大などが、2月の国際強化試合に引き続き名を連ねた。また、川崎ブレイブサンダースの辻直人と篠山竜青、栃木ブレックスの古川孝敏らも選出された。

 同大会で指揮を執るJBAテクニカルアドバイザーのルカ・パヴィチェヴィッチは、16名の選出について「Bリーグのファイナル等の様子を見て、最終メンバーを選出するための措置」と説明。「オフェンス、ディフェンスの両方でアグレッシブに戦える選手であり、それぞれが状況に応じて2つ以上のポジションで責任を持ってプレーできるという点でも、現状でベストの布陣だと思っています」とメンバーの選出理由を明かし、「ディフェンスでは強く激しくプレーすることができるようになってきましたし、オフェンスではピック&ロールを武器とした形も活かされてきました。特にこのピック&ロールは、日本が力をつけ、結果を残していくための非常に大きな武器になると考えています」と語った。

 なお、日本は予選ラウンドで韓国、マカオと対戦。参加する全6チーム中上位5チームが8月からレバノンで開催される「FIBA ASIA カップ 2017」の出場権を獲得する。

■東アジア選手権日本代表候補選手
アイラ・ブラウン (サンロッカーズ渋谷)
太田敦也(三遠ネオフェニックス)
竹内公輔(栃木ブレックス)
竹内譲次(アルバルク東京)
古川孝敏(栃木ブレックス)
小野龍猛(千葉ジェッツ)
橋本竜馬(シーホース三河)
篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)
辻直人(川崎ブレイブサンダース)
比江島慎(シーホース三河)
永吉佑也(川崎ブレイブサンダース)
田中大貴(アルバルク東京)
張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
安藤誓哉(秋田ノーザンハピネッツ)
富樫勇樹(千葉ジェッツ)
馬場雄大(筑波大学4年)

BASKETBALL KING

最終更新:5/16(火) 21:49

バスケットボールキング