ここから本文です

秋元康、12年ぶりにテレビドラマの企画原案! 福士蒼汰が殺人犯に

5/16(火) 5:00配信

クランクイン!

 2005年公開の『着信アリ』以来、秋元康がおよそ12年ぶりに企画原案を手がけた新ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)が7月期からの日曜ドラマとして放送することが決定。主人公にミステリー初挑戦となる福士蒼汰を迎え、川口春奈、鈴木保奈美、遠藤憲一、小出恵介、鈴木浩介ら豪華キャストらが顔を揃える。

【関連】「福士蒼汰」フォトギャラリー


 本作は、愛する人の秘密をどこまで許せるか?という愛の極限が問われる“自問自答ラブミステリー”。中学3年生の夏、母親の奥森晶子(鈴木)をDVから守るため父親(堀部圭亮)を殺害した過去を持つ黎(福士)。事件から8年後、法科大学院で立花爽(川口)と出会った黎はやがて結婚を決めるが、その矢先に過去の“秘密”を知る何者かから不気味なメッセージが届く……。

 企画原案を務めた秋元は「恋人のことをどれぐらい知っていますか?」が、本作のコンセプトであると公言。「もし、婚約者が“母親を守るために実の父親を殺してしまった”と知ったら?」「恋人がいる人もいない人も、真実の答え合わせをしてください」とみどころを伝える。

 主演の福士は「過去にとても大きな秘密を抱えていて、その秘密が故に思い悩むシーンが多く出てきます」と作品の雰囲気を解説。共演者について「川口さんは、爽の元気で明るいキャラクターにぴったり」と述べるほか、「鈴木さんは初共演ですが、初めてお会いしたときからやわらかく包み込むような優しさを感じたので、どんな母子関係が築けるのかが楽しみ」とそれぞれの印象を話す。

 また、川口は「脚本を読んで本当に面白いと思いました」と感想を吐露。撮影が進むにつれて「自分自身もどうなっていくのか、本当にワクワク楽しみにしています。見ごたえのある大人のラブストーリーですので、一生懸命演じていきたいです」と意気込みを示している。

 新日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』は、日本テレビ系列にて7月より放送スタート。

最終更新:5/16(火) 5:00
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ