ここから本文です

『CRISIS』小栗旬&西島秀俊、5人の敵と大乱闘!第6話“ド派手”アクション写真解禁

5/16(火) 17:50配信

クランクイン!

 毎回規格外のアクションシーンが話題の連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)から、16日に放送される第6話の場面写真が解禁。ホームセンターを舞台にド派手に繰り広げられる格闘シーンの模様が、一部明らかになった。

【関連】『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第6話フォトギャラリー


 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、直木賞作家である金城一紀が原案・脚本を務めた、骨太アクションドラマ。劇中では、各分野のスペシャリストが集結した、警察庁警備局長直轄の秘密部隊「公安機動捜査隊特捜班」に所属する稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)が、巨悪と政治的な思惑が絡まり合う国家の危機に立ち向かっていく姿が描かれる。

 16日放送の第6話では、11年前に起きた地下鉄無差別爆破テロの容疑者・里見(山口馬木也)が、ある日、偶然都内の防犯カメラに映り込み、テロの再発を防ぐため特捜班が里見の行方を追う。そんな中、11年間にわたって里見が完璧に姿を隠していたことを不審に思った稲見は、事件当時は公安部に所属していた田丸から「ある噂」を聞く。果たして、里見の過去に秘められた衝撃の事実とは?そして、11年前のテロ決行日が近づく中、特捜班は里見の真の狙いを突き止め、テロを防ぐことができるのか?

 これまでも規格外のアクションで視聴者をくぎ付けにしてきた本作で、最もド派手な格闘アクションともいえるシーンが第6話で繰り広げられる。

 容疑者・里見を追う稲見と田丸の前に、ホームセンター内で5人の敵が立ちはだかる。稲見の「出たとこ勝負でいきましょうよ」という言葉に対して、田丸は不敵な笑みを浮かべながら「行くか」と答え、敵に立ち向かう。壮絶で息つく間もない1分半の高速バトルシーンは必見だ。

 連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時放送。

最終更新:5/16(火) 17:50
クランクイン!