ここから本文です

M!LK、6thシングルリリースイベントに2500人が熱狂! 新曲含む6曲を披露

クランクイン! 5/16(火) 20:30配信

 5人組ボーカルダンスユニット・M!LK(板垣瑞生、佐野勇斗、塩崎太智、山崎悠稀、吉田仁人)が14日、東京・ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージで開催された6thシングル『テルネロファイター』のリリースイベント登場し、集まった2500人のファンの黄色い歓声に包まれた。

【関連】2500人のファンが熱狂!M!LK、6thシングルリリースイベントの様子


 M!LKは、2014年11月に結成。6thシングルタイトルの“テルネロ”は、生後1ヵ月に満たないオスの子牛のことを指しており、「いつかでっかい牛になる!」という意味合いが込められている。

 リリースイベントが開催された14日は「母の日」ということもあり、それぞれエピソードを披露した5人。2018年公開の『ちはやふる』続編に出演することが決定した佐野は、「上京しちゃったから今は何もやってないけど、(出身地の)愛知にいたときはお手紙とか、ブログとかで“ままきゅん”に『いつもありがと』ってやってた」と話すも、「今日は母の日を忘れてて『DVDプレイヤー買っといてって言っちゃった』と苦笑いを浮かべた。

 また、NHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』に出演中の板垣は、「今日ライブ前に、(音楽プロデューサーの)石川さんにお願いして、カーネーション買いに行ってもらった」と明かす。また、塩崎は弟と一緒にスーパーに色とりどりの花束を購入したが、母親からは「これ、墓参りのときの花だよ」と言われたという仰天エピソードを披露した。

 当日は『新学期アラカルト』『コーヒーが飲めません』『サンキュー!N・D・K!』『桜咲く頃には』『恋心』『テルネロファイター』の6曲を披露。かわいらしさとかっこよさが入り混じった魅力で、集まったファンをくぎ付けにした。

 今後、M!LKは7月14日にオフィシャルファンクラブ発足記念ファンミーティング『第2回牛乳スーパー会議 in 中野ファンプラザ』を開催。さらに、4月30日に行われた5大都市春の追加公演でパフォーマンスされた謎のユニット「BLACK M!LK」アーティスト写真と特別映像をオフィシャルファンクラブのサイト内限定で公開中。

最終更新:5/16(火) 20:31

クランクイン!