ここから本文です

陸自機4人死亡確認…北海道・北斗の山に墜落か

読売新聞 5/16(火) 19:06配信

 防衛省は16日、函館空港(北海道)西側の山林上空で消息を絶った陸上自衛隊のLR2連絡偵察機の残骸と、搭乗していた陸自隊員4人全員の遺体を確認したと発表した。

 陸自は事故調査委員会を設置し、人為的ミスや機体の不具合がなかったか墜落原因の究明に乗り出した。

 同省によると、4人はいずれも陸自北部方面航空隊所属で、機長の高宮城効(たかみやぎいさお)1等陸尉(53)、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)、整備担当の岡谷隆正2等陸曹(42)と玉木宏伸3等陸曹(28)。同機の残骸と共に、北斗市西部の袴腰(はかまごし)山(616メートル)から東約3キロの山中で発見された。

 同機は15日午前11時23分頃、札幌丘珠(おかだま)空港を離陸し、約25分後、レーダーから消えた。北海道知事の要請で急患輸送を行うため、函館空港へ向かっている途中で、着陸に向けた態勢に入っていた。

最終更新:5/16(火) 23:38

読売新聞