ここから本文です

メルセデスF1、ハミルトンに勝利をもたらした“魔法の戦略”を説明

オートスポーツweb 5/16(火) 6:42配信

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、スペインGP決勝でルイス・ハミルトンが優勝を獲得する上で重要な役割を果たした戦略を説明、ストラテジストを称賛した。

2017年F1第5戦スペインGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の激しいバトル

 ポールシッターのハミルトンは、スタートで出遅れ、2番グリッドのセバスチャン・ベッテルに首位を奪われてしまった。最初の2スティントでハミルトンがベッテルの後ろを走り続けるなか、33周目、ストフェル・バンドーンのクラッシュによりバーチャル・セーフティカー(VSC)が実行された際に、メルセデスはハミルトンを呼び寄せ、最後のタイヤ交換をさせた。

 しかしメルセデスはすぐにはハミルトンを入れずに36周目まで待った。ハミルトンは「VSC終了」のメッセージが映し出された時にピットレーンに入り、グリーンフラッグが振られた時にはピットボックスに近づいていた。

「(メルセデスのレース)戦略においていくつかの思考プロセスがあった」とウォルフ。「ある段階でセバスチャンと反対のことをしようと考えた」

「その際、魔法の戦略が現れた。VSCがじきに終わりそうなタイミングにピットストップを行うというものだ」

「なぜなら(そうでなければ)セバスチャンに反応されてしまう。彼は(同じくVSC中の)次のラップで入るだろう」

「そのため我々は完璧なタイミングをはかった。(チーフストラテジストの)ジェームズ(・ボールズ)と彼のストラテジストチームには脱帽だ」

 VSCが宣言される前にはベッテルはハミルトンより約8秒先行していたが、ハミルトンがピットストップを行った次の周、すでにグリーンフラッグ下でピットインしたベッテルがピットから出てきた時、ハミルトンはすぐ後ろに迫っていた。

 ターン1でぎりぎりのポジション争いをした後、残り22周の時点でベッテルは結局ハミルトンに首位の座を明け渡した。

「決勝中、通常のピットストップをするとかなりの時間を失う。コース上のマシンが通常のスピードで走っている時に、ゆっくりとピットレーンを走って停止すると、約21秒のロスになる。だがVSC中にはコース上の皆が低速で周回しているから、ピットストップによるロスが減る。全体的なデータは分からないが、実際のロスは12秒か13秒程度になる。かなりロスが少なくなるのだ」

 ファーストスティントの終わりに、ベッテルはアンダーカットされることを避けるために早めのピットインを行い、新品ソフトタイヤを履いた。それによってハミルトンは不利な状況に陥ったとウォルフは言う。
       
 そのため、メルセデスはハミルトンのために異なる戦略を選び、ソフトで長いスティントを走ってから、ミディアムに交換し、最終スティントで再びソフトを履いてプッシュさせることにしたという。一方のベッテルは最終スティントをミディアムで走った。

「ほぼ新品のソフトタイヤがアドバンテージになることは分かっていた。チャンスがあると知っていたのだ」とウォルフは語った。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/16(火) 6:43

オートスポーツweb