ここから本文です

世界ラリークロス:WRC生まれのポロが第4戦で今季初勝利。ソルベルグ0.009秒差で3位

5/16(火) 17:15配信

オートスポーツweb

 ディフェンディング・チャンピオンのマティアス・エクストローム(アウディS1 EKS RXクワトロ)が開幕3連勝を決め、盤石の態勢を築きつつある2017年のWorldRX世界ラリークロス選手権。その第4戦がベルギーのメテ市近郊にあるジュール・タクニー・サーキットで開催され、フォルクスワーゲン・スウェーデンのワークスサポートを受けるPSRXのヨハン・クリストファーソンが、ポロGTI RXスーパーカーに今季初勝利をもたらした。

【写真】ファイナルラップ、2位争いは横一線でチェッカー

 この週末、予選ヒートから速さを見せたPSRXのポロは、チーム代表であり2度の世界王者も獲得しているペター・ソルベルグがQ1最速をマーク。続くQ2、Q3、Q4をクリストファーソンが制する圧巻の内容でセミファイナルへ進出した。

 準決勝ではそれぞれヒート1でクリストファーソンが2位。ヒート2でソルベルグが勝利を挙げ、開幕から4戦連続で2台そろっての決勝進出となった。

 一方、前戦ドイツでエクストロームを追い詰めたWRC世界ラリー選手権9連覇のセバスチャン・ローブは、準決勝の1コーナーでスピンしダメージを負い敗退。

 さらに、WRCでローブのライバルとして活躍したマーカス・グロンホルムの長男、ニクラスも今季初のセミファイナルとなったが、惜しくも決勝ヒート進出はならず。

 そして、3連勝中の王者エクストロームも、ヒート2を3位通過で辛くも決勝進出というギリギリの戦いとなり、VWポロの速さが際立つなかファイナルのスタートが切られた。

 スタートでシグナル反応速度が最速のドライバーに毎戦送られる“モンスター・エナジー・スーパー・チャージ・アワード”を獲得したのは、セカンドロウ・スタートのフーニガン・レーシング・ディヴィジョン、アンドレアス・バッケルドのフォード・フォーカスRS RXスーパーカー。

 しかし、1コーナーのポジション争いでバッケルドはアウト側に追いやられ、続く2コーナーではクリストファーソンとのバトルでフロントフェンダーにダメージを負い3番手に後退。

 オープニングラップを制したのは、PSRXのエースであるソルベルグ。そして2番手にローブのチームメイトであるプジョー208WRXスーパーカーのティミー・ハンセンが続いた。

 3番手クリストファーソンは2周目早々にジョーカー・ラップへと飛び込むと、その間隙をついてハンセンがソルベルグに仕掛け、3周目の1コーナーでサイド・バイ・サイドになった2台は、アウト側のソルベルグが弾かれ大きくタイムロス。

 そのリカバーを避けようとした4番手バッケルドは、ソルベルグのマシンを避けるため大きくマシンバランスを崩し、そのままウォールにヒット。無念にもここでレースを終えることとなってしまった。

■ファイナルラップに波乱。ソルベルグは2位に0.009秒届かず

 ジョーカーを消化しないまま逃げるハンセンがリードを築き、同じくジョーカー未消化のエクストロームが2番手に。その背後でアウディに前を塞がれる形となったPSRXの2台は、グラベル区間で跳ねの症状が出るアウディS1 EKS RXクワトロを抜きあぐねる間、プジョー208WRXスーパーカーが大きなリードを構築。これでリザルトは決まったかと思われた。

 しかし迎えたファイナルラップ、トップを快走するハンセンのマシンがまさかのパンク。左フロントタイヤを失ったプジョーは、バランスを崩しながらイン側のタイヤバリアにヒットしつつコーナーをクリアする苦しい状態になる。

 後方から迫るエクストローム、クリストファーソン、ソルベルグの隊列に間に合うことを祈りつつ、ハンセンはジョーカーに飛び込むと、最終コーナー立ち上がりでクリストファーソンが先行し首位浮上。

 続くソルベルグとは横一線のままフィニッシュラインを通過したが、わずか0.009秒差という僅差でハンセンが2位。ソルベルグは悔しい3位となった。

「僕らはホッケンハイムで学んだことを生かして、ここでは異なる(セットアップの)アプローチで臨んだんだ。ペター(・ソルベルグ)とともに表彰台に立つことができて最高だよ」と、今季初勝利を決めたクリストファーソン。

 2位に入ったハンセンも、週末のポロの驚速ぶりを認めつつ「まさか自分が彼らの速さについていけるとは思っていなかった」と振り返った。

「3周目にペターをかわした動きは完璧だった。その後の数分は人生でも最高の時間だったよ。残念ながら最後はパンクに見舞われて一番手に入れたいものを逃したけど、僕らはその近くまで来ているし、すぐに優勝を手にできると思う」とハンセン。

 一方、チームメイトの勝利に賛辞を送ったソルベルグは、自らの週末は予選から度重なったパンクによって、決勝の自由度が下がったことが敗因だと語った。

「ヨハン(・クリストファーソン)には本当におめでとうと言いたい。僕らは開幕から速かったし、4戦連続で2台ともにファイナルに進出していて、チームは本当に素晴らしい仕事をした」

「僕に関して言えば、予選から3度もパンクに見舞われ、決勝で最適なコンパウンドを選ぶ余地が残されていなかった。それでも、僕らはうまく戦ったと言っていいと思う」

 最終的に4位にエクストローム、5位にMJPレーシング・チーム・オーストリアのケビン・エリクソンのフォード・フィエスタRXスーパーカーEvo.3が入り、6位バッケルドがDNFながら1ポイントを獲得している。

 これで選手権首位のエクストロームに対し、2位のクリストファーソンはわずか3ポイント差まで迫り、3位にソルベルグがつける混戦模様となってきた。次戦第5戦のイギリス・リデンヒル戦は5月25~26日の開催となり、BTCCイギリス・ツーリングカー選手権のスタードライバー、アンドリュー・ジョーダンがゲスト参戦する予定となっている。



[オートスポーツweb ]