ここから本文です

F1 Topic:ウェーレインがモニシャにプレゼントした8位入賞以外のもの

5/16(火) 17:42配信

オートスポーツweb

 ザウバーのパスカル・ウェーレインが見事な1ストップ作戦を成功させ、自身最高位となる8位に入賞した。レース後、ザウバーのモーターホームではシャンパンが振舞われ、シーズン初ポイントを喜んでいた。 

5月の第2日曜日の母の日にプレゼントされた真っ赤なバラ

 その歓喜の輪の中にいたモニシャ・カルテンボーン代表は、次のようにF1スペインGPの8位入賞を評価していた。

「この結果は私たちにとって、4ポイント以上に重要な意味を持ちます。なぜなら、私たちは新しいレギュレーションとなった今シーズン、開幕戦から厳しい状況が続いていました。私たちのような小さなチームにとって、レギュレーションの変更は有利には働きません。それでも、ファクトリーの開発陣は冬の間にとてもいい仕事をしました。」

「もちろん、ライバルたちに追いつくために、まだまだ改良しなければならない部分はたくさんあります。そのために、現在も開発を続けていますが、結果が出ないと自分たちの開発に自信が持ちないものです。今回の結果はによって、自分たちの開発の方向性が間違っていないことが確認でき、次のモナコGPには投入する予定の新パーツの出来が楽しみです」

 それにしても、ソフトタイヤでスタートから33周を走るという大胆なレース戦略は、どのようにして決定されたのだろうか。


「1ストップは1つのオプションに過ぎませんでした。最終的にはライバルのレース戦略と自分たちのポジション、そしてタイヤのデグラデーションを見ながら、判断しました」

 これでマクラーレンを抜いて、コンストラクターズ選手権で9位となったザウバー。来年からはそのマクラーレンはと同様、ホンダのパワーユニットを積むザウバーにとって、この結果はどのように考えているのだろうか。

「マクラーレンは歴史もあり、優秀なスタッフがたくさんいるビッグチーム。彼がいま何に苦しんでいるのか私たちにはわかりませんが、彼らならきっと状況を打開するでしょう。ですから、私たちはこの結果におごることなく、自分の仕事をやり続けるだけです」

 レースが行われた5月の第2日曜日は、母の日でもあった。レース前、ウェーレインはカルテンボーン代表にあるプレゼントをした。それは一輪の真っ赤なバラだった。

「彼は、私に素敵な贈り物をしてくれただけでなく、ドライバーとしてチームのみんなに最高のプレゼントを持ち帰ってくれました。最高の母の日でした」

 そういって、カルテンボーン代表はウェーレインからプレゼントされた真っ赤なバラを見せてくれた。

[オートスポーツweb ]