ここから本文です

3年間で普通の高校生から新世代ポップ・スターへ。ショーン・メンデスとは何者なのか?

RO69(アールオーロック) 5/16(火) 19:45配信

Vineへの動画投稿がきっかけで15歳にしてメジャー・デビュー、デビュー・アルバム『ハンドリトゥン』、最新作『イルミネイト』が2作連続で全米チャート1位、マディソン・スクエア・ガーデンでのライブも既に成功させている今注目の18歳シンガー・ソングライター、それがショーン・メンデスだ。

日本へは今年3月にPOP SPRINGへの出演で初来日、12月には単独公演も決定している彼のインタビューを5月1日(月)発売の『ロッキング・オン』6月号で読むことができる。

テイラー・スウィフトのオープニング・アクトを務めるなど、スターダムを駆け上がっているように見えるショーンだが、本人は至って冷静なようだ。自分の成功をどう思うか訊ねられ、こう答えている。

「一日一日を正面から受け止めて過ごしていくしかないと思っているよ。毎日、成長しながら生きていれば、当然だけど変わり続けていくわけだからね。変るのは悪いことでもないし、新しいことも受け入れて、成長していくのも大事だなと思うよ」

「為すべきことは尽きないんだよ。人々がエルビスだったりビートルズを未だに聴くのは彼らがタイムレスな存在だからなんだ。僕もそういう風になりたいね」

SNSからスターになったという経歴からジャスティン・ビーバーと比較されることも多いが、ジャスティンとの比較についてはこう語っている。

「ジャスティンは素晴らしいシンガーだけど、僕とは違う。どちらもカナダ出身っていう共通点はあるけれど、それ以外はどこも似てないよ。僕はどっちかというと、ジョン・メイヤーみたいってい言われたらいいな、と思ってるんだけど。うん、それが僕の目標なんだ!」

この他にもテイラー・スウィフトから受けたアドバイスや歌詞、ギターへのこだわりも語っている。The Billboard Music Awardsへのノミネートも発表され、注目度は上がるばかりのショーン・メンデスから目が離せない。

『ロッキング・オン』5月号の詳細はこちらから。
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143700

RO69(アールオーロック)

最終更新:5/16(火) 19:45

RO69(アールオーロック)