ここから本文です

必殺のコロコロPK!? 1G1Aの坂井大将「逆を突いたら気持ち良い」

ゲキサカ 5/16(火) 2:18配信

[5.15 国際親善試合 U-20日本代表3-2U-20ホンジュラス代表 エコパ]

 課題も残った。しかし、何よりも国内最終戦を白星で飾ったことで、U-20日本代表MF坂井大将(大分)は「勝って韓国に行けるのは本当に良かった」と安堵の表情を浮かべた。

 キャプテンマークを託される坂井が、先制点を演出する。前半15分、CKのキッカーを務めると、ニアサイドに走り込んだFW小川航基](磐田)にドンピシャのボールを届けると、小川がヘディングで叩き込んで先制点が生まれた。「ストーンを越えれば小川のところに良いボールが行くと思って蹴った。ドンピシャの良いボールが蹴れたので、狙い通りと言えば狙い通り」と白い歯を見せた。

 さらに後半1分には左サイドからMF三好康児(川崎F)が送ったグラウンダーのクロスが相手のハンドを誘ってPKを獲得。ペナルティースポットに向かった坂井は落ち着いていた。「GKが動かなかったら、スピードとボールの質が良ければ止められない」し、GKが動けば逆を突くだけで、「あそこは自分とGKの駆け引きだった」。そして、GKが右に動くと、坂井はゴール左にコロコロと転がるPKを沈めてチームに2点目をもたらした。

「PKはあんまり問題ないです。全然落ち着いていたし、いつもの僕の蹴り方。逆を突いたら気持ち良いですね」

 1ゴール1アシストと結果を残したが、チームとして2失点を喫したことあり、「カウンターのケアやセカンドボールの予測など、マイボールにできなかった部分があったのは課題」と振り返った。そして、「初戦まで1週間切っているので、映像を確認しながら皆で意思統一していきたい」と残された時間で課題を修正していこうとしている。

 何よりも国内最終戦で勝利を飾れたのは大きい。「試合前に皆で勝って韓国に行こうと話していた。一時は逆転されたけど、しっかり自分たちの時間帯を作って得点を取れた。本当にいい形で終えて、勝って韓国に行けるのは本当に良かった」。弾みをつけてU-20W杯が行われる韓国に乗り込む。

最終更新:5/16(火) 4:08

ゲキサカ