ここから本文です

朝比奈沙羅「やってしまいました」失態を明かす

日刊スポーツ 5/16(火) 13:43配信

 「柔道界の沙羅ちゃん」がピンチ!? 柔道の世界選手権(8月開幕、ブダペスト)女子78キロ超級代表の朝比奈沙羅(20=東海大)が16日、グランドスラム(GS)エカテリンブルク大会(20、21日・ロシア)出場のため成田空港から出国し、失態を明かした。

【写真】全日本女子選手権優勝後、父輝哉さんと手を組む朝比奈沙羅

 14日夜に髪の毛のサイドを刈り上げて、気合十分の朝比奈は「やってしまいました…。いつもは(遠征で)うさぎのぬいぐるみを持っていくのに忘れてしました」と肩を落とした。笑顔をモットーとしているが、この日は少ないように見えた。

 空港到着時に仲の良い女子48キロ級代表の近藤亜美(22)からぬいぐるみを「じゃーん!!」と見せられて、忘れたことに気づいた。2月のGSパリ大会の時に現地スーパーで“一目ぼれ”して購入した、お守りのぬいぐるみだったという。朝比奈と近藤は機内の座席は隣同士で、ホテルの部屋も同じことが多い。近藤も「機内は私が隣でないと狭いですよ。うまくバランスが取れていると思います」と笑顔で語った。2人の体重差は87キロある。

 朝比奈にとって、GSエカテリンブルク大会は世界選手権前の最後の試合となる予定。昨年12月のGS東京、2月のGSパリ大会、4月の全日本女子選手権で優勝して初の世界選手権の切符をつかんだ。今月上旬には代表合宿でブラジリアン柔術の寝技の技術を学んだ。「足技も練習中なので試合で多く出せたら。いつも通りで力試しというか試合感を忘れないようにして、良い形で世界選手権につなげたい」と前を向いた。

最終更新:5/16(火) 14:01

日刊スポーツ