ここから本文です

白鵬、日馬は3連勝、稀勢2勝、鶴竜は初日 夏場所

日刊スポーツ 5/16(火) 18:00配信

<大相撲夏場所>◇3日目◇16日◇東京・両国国技館

 4横綱は今場所初めて安泰だった。

 稀勢の里(30=田子ノ浦)は、前頭筆頭の千代の国(26=九重)を組み止められず土俵際まで押し込まれたが、右足1本でこらえ、相手の引きに乗じて押し出して2勝目を挙げた。

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う白鵬(32=宮城野)は、前頭2枚目千代翔馬(25=九重)を右上手投げで下して3連勝を飾った。

 日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭2枚目隠岐の海(31=八角)の右前回しを引いて寄り切り3連勝をマークした。

 連敗スタートの鶴竜(31=井筒)は、前頭筆頭の遠藤(26=追手風)を引き落として初日を出した。遠藤も1勝2敗となった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は右上手を引き、前頭3枚目大栄翔(23=追手風)をつり上げるように寄り倒して初白星を挙げた。

 大関豪栄道(31=境川)は、小結嘉風(35=尾車)にはたき込まれて2連敗を喫した。

 大関どりを目指す関脇高安(27=田子ノ浦)は、元大関の関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)を立ち合いで吹っ飛ばし、押し込んでからはたき込んで3連勝を飾った。

 人気力士の前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同11枚目石浦(27=宮城野)との小兵対決を送り出しで制して3連勝とした。

最終更新:5/16(火) 20:16

日刊スポーツ