ここから本文です

ヤクルト小川“二刀流”挑戦か?試合前に打撃練習

日刊スポーツ 5/16(火) 18:10配信

<巨人5-1ヤクルト>◇16日◇東京ドーム

 ヤクルト小川泰弘投手(27)が試合前練習でケージに入り打撃練習を行った。

【写真】女性記者にも人気のあるヤクルト小川

 この日は先発登板予定でなく、投手が打撃練習を行うのは珍しい。

 チームに与えられた打撃練習時間残り10分前頃にベンチで打撃用手袋やレガースをつけて準備。ティー打撃を行うと、打席に入った。バントをして感覚をつかむと力強く23スイング。芯でとらえた鋭い打球を放った。「バッティング技術を上げればちょっとでも勝つ確率が上がる。興味を持ってやるということです」と説明した。

最終更新:5/16(火) 20:22

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報