ここから本文です

巨人菅野5勝目、西武4連勝/16日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 5/16(火) 22:22配信

<プロ野球>◇16日◇甲子園ほか

【セ・リーグ】

◆阪神貯金11、秋山完投で3勝目 中日鈴木は2敗目

【写真】バレンティン看板越えの本塁打

<阪神8-1中日>◇16日◇甲子園

 阪神は1回2死二、三塁から5番中谷が5号3ランで先制した。先発秋山は3回を2安打無失点とまずまずの立ち上がり。

 中日が5回に荒木の左前適時打で1点を返した。阪神は5回に糸原の3点適時二塁打、6回に糸井の5号2ランで突き放した。

 阪神がリードを守り完勝。貯金を11とした。先発秋山は3勝目。中日鈴木は4回2/3、5失点で2敗目となった。

◆巨人菅野リーグトップタイ5勝目 ヤクルト打線沈黙

<巨人5-1ヤクルト>◇16日◇東京ドーム

 巨人は初回に阿部の2戦ぶりの8号2ランで先制した。先発菅野は3回まで1安打無失点と上々の立ち上がりを見せた。

 巨人は5回に立岡の適時打、阿部の2点適時打で3点を追加し、ヤクルト先発ブキャナンを攻略。菅野は6回まで3安打無失点。

 巨人菅野は7回、ヤクルト・バレンティンにソロを浴びた。8回1失点で完投は逃したが、リーグトップタイの5勝目を挙げた。

 ヤクルト・ブキャナンは2敗目。

◆広島野村3勝DeNA戦1001日ぶり、浜口3敗目

<広島10-1DeNA>◇16日◇尾道

 序盤3回まで投手戦。広島野村は1回2死満塁も無失点。DeNA浜口は1回無死二塁をしのぐと4者連続三振など無安打投球。

 広島は5回に先制されるもその裏、無死満塁から石原の犠飛で同点。1死満塁から2者連続適時打など打者一巡で計5点を奪った。

 広島が逃げ切り、3連勝。7回1失点の野村はDeNA戦1001日ぶり勝利で3勝目。DeNAは3連敗で先発浜口は3敗目。

【パ・リーグ】

◆楽天6年ぶり秋田白星!辛島4勝、日本ハム高梨4敗

<楽天6-4日本ハム>◇16日◇秋田

 日本ハムは1回1死一、三塁、中田の左犠飛で先制。楽天は3回2死一、二塁からウィーラーの5号3ランで逆転した。

 楽天は4回に嶋の適時打で1点を追加。辛島は5回2/3、2失点で降板。日本ハムは3点を追う6回に岡の適時二塁打で1点を返した。

 楽天が乱打戦を制し、秋田で6年ぶりの白星を飾った。先発辛島は4勝目、松井裕は15S。敗れた日本ハムは、連勝が4でストップした。高梨は4敗目。

◆西武4連勝&野上3勝目、ロッテ今季初の6連敗

<ロッテ2-3西武>◇16日◇ZOZOマリン

 西武は3回、先頭外崎の内野安打から1死二、三塁と攻めるが無得点。ロッテも3回、2死三塁からパラデス三振で得点機を逃す。

 西武は5回、3番浅村の左前適時打と4番中村の右前2点適時打で3点を先制。ロッテは5回、清田の右前打で1点を返した。

 ロッテは8回にダフィーが適時打も反撃届かず、今季初の6連敗。西武は今季3度目の4連勝、先発野上は3勝目を挙げた。ロッテは先発チェンが今季初黒星。

◆オリックス黒木はプロ初勝利 ソフトバンクは2連敗

<オリックス3-2ソフトバンク>◇16日◇京セラドーム大阪

 ソフトバンク千賀は1回2死を奪ったところで降板。石川が登板した。オリックスは3回1死満塁も3番手飯田に抑えられた。

 オリックスは4回に伊藤が先制打。5回は1点ずつを取り合い、6回はソフトバンク上林が2死一、二塁から同点二塁打を放った。

 オリックスは8回に大城の犠飛で勝ち越し。連敗を6で止め、再び勝率5割。2番手の黒木はプロ初勝利。ソフトバンクは2連敗。

 オリックス平野は9セーブ目。ソフトバンク森は2敗目。

最終更新:5/17(水) 15:01

日刊スポーツ