ここから本文です

広島緒方監督、野村は「球に力があった」一問一答

日刊スポーツ 5/16(火) 22:35配信

<広島10-1DeNA>◇16日◇尾道

 2位広島が逆転勝ちで3連勝。貯金を8とした。首位阪神とのゲーム差は1・5のまま。先発野村が7回1失点の好投。打線は苦しめられたDeNA浜口に5回に襲いかかり打者10人で一挙5得点。

【写真】1001日ぶりにDeNA戦で勝利した野村

 試合後の緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

 -野村が好投

 緒方監督 見ての通り。いい投球をしてくれたね、今日もね。しっかりと投げ分けたなかで、球に力もあったし。今日の祐輔はいいボールがかなり多かった。

 -打線も浜口のスキをついた

 緒方監督 そうだね。いい高さから曲げられたり抜かれたりして、ちょっと1巡目は打者がノー感じだったけどね。5回の最初の四球をきっかけに、本当にワンチャンスがビッグイニングになった。つながりのある攻撃が出来た。最初の石原がしっかり同点の犠飛を打ってくれたからね。

 -カード頭をとった

 緒方監督 6連戦の初戦でもあるし、またベイスターズに対しての初戦でもある。このチームはしっかり点数を本当にとっとかないと。打線が強いチームだからね。最後8回にも、ああやっていい攻撃が出来た。集中力をもって投打ともにナイスゲームだったと思う。

 -尾道での試合

 緒方監督 今日も球場全体を赤一色に染めてもらって。たくさんのファンの方が来てくれて声援をもらった。いい試合が出来て本当によかったと思います。

最終更新:5/16(火) 23:50

日刊スポーツ