ここから本文です

トヨタが「多機能トイレ」の無料情報提供サービスを開始

オートックワン 5/16(火) 12:24配信

トヨタは、スマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ※1」に、全国各地の高速道路・一般道路の休憩スポットや公共・文化施設などに設置されている「多機能トイレ※2」情報の検索やルート案内を提供するサービスを5月15日より開始した。

このニュースのフォトギャラリー

このサービスは、車いす利用者など身体の不自由な方にも、クルマでもっと快適かつ円滑に移動していただくために、高速道路のサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスをはじめ、道の駅、市役所、博物館、美術館、ウェルキャブステーション※3などを対象に、「多機能トイレ」の位置情報(約19,000件)を提供している。

また、利用者の自車位置付近にある対象施設の位置情報をスマートフォン画面に表示し、対象施設までの最適なルートを案内する。さらに、対象施設におけるバリアフリー対応駐車場の有無や、「多機能トイレ」の入口段差の有無、手すり位置・形状などの詳細情報が提供される対象施設もある。

◆愛知・岐阜・三重の3県から全国対応へ

トヨタは、2015年5月~2017年3月までの約2年間、東海3県(愛知・岐阜・三重)において、T-ConnectおよびLexus G-Linkナビゲーション向け専用アプリ「APPs(アップス)」のラインアップとして、アプリ「多機能トイレナビ」を設定し、サービスを提供してきた。

今回のサービスは、より幅広いお客様に、もっと安心・便利な移動支援サービスを届けたいと考え、「多機能トイレ」情報を網羅する地域を全国に拡げるとともに、誰もがスマートフォンで簡単にサービスを利用できるよう、利便性を向上させている。

※1 対応端末:iPhone、Android/サービス地域:日本/対応言語:日本語

※2 車いす利用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、おむつ替えシート、オストメイト対応などを備えて、車いす利用者だけではなく、高齢者、障がい者、子ども連れなど多様な人が利用可能なトイレ。

※3 福祉車両(ウェルキャブ)を体感できるトヨタの販売店店舗。バリアフリー設計で専門の知識と経験を備えたウェルキャブコンサルタントが常駐。

最終更新:5/16(火) 12:24

オートックワン