ここから本文です

欧州株:ほぼ変わらず-資源銘柄が上昇、製薬とメディア株は安い

5/16(火) 2:20配信

Bloomberg

15日の欧州株式相場はほぼ変わらずとなった。鉱業株と石油・ガス銘柄が値上がりした一方、製薬とメディア銘柄が売られた。

指標のストックス欧州600指数は前週末比0.1%高の395.97と、1年9カ月ぶり高値付近にとどまった。金属相場の上昇を背景に、鉱業株指数は1.7%上げた。サウジアラビアとロシアが協調減産の延長を支持すると表明したことを手掛かりに原油相場が上昇し、石油・ガス株指数を0.9%押し上げた。ただ、業種別指数の中では唯一、依然として年初来で下げている。

先週までストックス600指数は1月以降最長の3週続伸となっている。

バーンスタインのストラテジストらはリポートで、欧州株のトレードで唯一「絶対的な価値」があるのは総合石油企業だと指摘。同業界の株価純資産倍率は30年ぶり低水準近くにあり、相対的な配当利回りは「ここ30年近く」で最も高いという。

原題:European Stocks Are Little Changed After Three Weeks of Gains(抜粋)

Blaise Robinson, Aleksandra Gjorgievska

最終更新:5/16(火) 2:20
Bloomberg