ここから本文です

米バークシャー:21世紀フォックスの全株売却、航空株調整-1~3月

Bloomberg 5/16(火) 7:32配信

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは1-3月(第1四半期)に21世紀フォックスの持ち株を全て売却し、航空株の持ち分を調整した。

15日の当局への届け出で明らかになった。昨年末時点では21世紀フォックス株を約900万株保有していた。航空株ではアメリカン航空グループとサウスウエスト航空を買い増す一方で、デルタ航空の持ち分を減らした。バフェット氏は今年、ポートフォリオの微調整を進めている。1-3月期は全体としては70億ドル(約8000億円)強相当の買い増しとなった。

バフェット氏は2月、アップル株の買い増しを公表。約1億3300万株になったと説明していた。3月末時点の同持ち分の時価総額は190億ドル強と、バークシャーの主要な株式投資先の1つとなった。

原題:Berkshire Cuts Stake in 21st Century Fox, Adjusts Airline Bets(抜粋)

Noah Buhayar

最終更新:5/16(火) 7:32

Bloomberg