ここから本文です

鈴木愛がMVPレース3位に浮上 首位のキム・ハヌルが200pt一番乗り

5/17(水) 7:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。

ハヌル、シネ、ボミ…韓流美女がミニスカで魅了する!LIVEフォトで最新写真をチェック

国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」終了時のランキングが発表され、同大会で今季初勝利を果たした鈴木愛が8位から日本勢最上位となる3位にランクアップ。また、単独2位フィニッシュのイ・ミニョン(韓国)が5位から2位に順位を上げている。昨年MVPのイ・ボミ(韓国)は今季2度目の予選落ちを喫し、2ランクダウンの25位に甘んじている。

ランキング首位は同大会を単独4位で終えたキム・ハヌル(韓国)ががっちりキープ。今大会で20ptを加算し、合計200ptの大台に一番乗りとなった。昨年の同週でもランキング首位(199.0pt)を走っていたハヌルだが、それを上回るペースで独走態勢を築いている。

今週の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で2週連続優勝&大会連覇がかかる鈴木、今季未勝利ながらランキング6位につけている上田桃子ら、日本勢による今後の奮闘に期待がかかる。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(216.5pt)
2位:イ・ミニョン(163.0pt)
3位:鈴木愛(158.0pt)
4位:アン・ソンジュ(157.0pt)
5位:全美貞(153.5pt)
6位:上田桃子(148.5pt)
7位:川岸史果(145.5pt)
8位:藤本麻子(134.5pt)
9位:テレサ・ルー(128.0pt)
10位:申ジエ(121.0pt)
25位:イ・ボミ(72.0pt)

123位:アン・シネ(6.0pt)

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>