ここから本文です

長瀬智也とディーン、初共演!池井戸作品の初映画『空飛ぶタイヤ』

5/17(水) 4:00配信

シネマトゥデイ

 濃厚な骨太作品で人気の池井戸潤の小説を初めて映画化する『空飛ぶタイヤ』に、俳優のディーン・フジオカが出演することが発表。同作で主演を務める長瀬智也と初共演を果たすことが明らかになった。二人は共に本木克英監督組・池井戸作品へ初参加となる。

【画像】「空飛ぶタイヤ」原作本の書影

 本作は、トラックの脱輪事故が発生し、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が、大手自動車会社による「リコール隠し」に感づき、その実態を暴くために奮闘する物語。ディーンは、その大手自動車会社であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太を演じる。赤松からの再三の再調査要求を疎ましく思っていた沢田だが、彼も調査内容に疑念を感じるようになり、調べていくうちにある重大な事実にたどり着く。映画では、原作にはない赤松と沢田が直接対峙するシーンも撮影されたという。

 互いに初共演ながら、「ディーンさんのクランクインした日からずっと音楽の話をして盛り上がっています」(長瀬)と意気投合している二人。ディーンも長瀬の印象について「現場でずっとお話させていただいていますが、本当に気持ちの良くて楽しい方です。スカっと晴れた日のカリフォルニアみたいなイメージ」と語る。

 だが、ディーンが「なかなかご一緒するシーンがなく、僕ももっと一緒にお芝居をしたかったです」と話すように直接対峙のシーンは短めのよう。その分一緒のカットでは気合が入ったようで、長瀬は「お互いのお芝居を想像しながら……ということが多かったのですが、その分対面するシーンにエネルギーを溜めて挑むことができました」と振り返っていた。

 また池井戸作品初の映画ではあるが、主演の長瀬は「すごく意外でしたが、プレッシャーにはならないよう、変わらず本気でやれればいいかなと思っています。素晴らしいメッセージを持つ作品ですし、映画にしか出せない良さを出していきたいです」と意気込み。ディーンは「本格的社会派人間ドラマですが、『正しさとは何か』という物事の根底にある大切なものを考えさせてくれる作品です」と呼び掛けていた。

 矢島孝プロデューサーは、ディーンの起用理由について「表面のクールさと内に秘めた熱さ、繊細さと大胆さ、組織の理論と個人の価値観、そんな二面性を持つ沢田を演じられるのはディーン・フジオカさん以外にいないと確信し、オファーいたしました」と説明している。(編集部・井本早紀)

映画『空飛ぶタイヤ』は2018年に全国公開

最終更新:5/17(水) 4:00
シネマトゥデイ