ここから本文です

スズキ、不正公表1年 “けがの功名”も 軽の「燃費至上主義」変える

SankeiBiz 5/18(木) 8:15配信

 スズキが、自動車の燃費データを不正に測定していた問題を公表してから18日で1年が経過する。三菱自動車のように燃費の水増しといった悪質性はなく、販売影響も限定的だったが、法令違反を犯した事実そのものからは逃れられず、ブランドは大きく傷ついた。

【写真で見る】今さらだけど、日本一売れてるからホンダ・N-BOXに乗ってみた

 「二度と(不正が)起こらないよう社内を引き締めながらやることが必要だ」

 スズキの鈴木俊宏社長は12日の会見で、再発防止に向け改めて意識改革に取り組む姿勢を強調した。

 スズキの燃費不正では最終的に26車種、約214万台で法令とは異なる測定を行っていた。ただ、同社がその後、改めて正しく測り直した結果、全車種でカタログ上の燃費を上回っていたことが分かり、販売を継続。データ改竄(かいざん)で販売休止に追い込まれた三菱自とは異なり影響は小さかった。

 だが、三菱自とスズキで立て続けに発覚した軽自動車を中心とした燃費不正問題は、燃費表示に対するユーザーの懐疑心をより強めるきっかけにもなった。これを受け、これまで燃費の良さばかりを競ってきた軽メーカーでも、別の価値訴求に軸足を移す動きが顕在化し始めている。

 スズキが今年2月に全面改良して発売した主力の軽「ワゴンR」。ガソリン1リットル当たりの最高燃費は従来から0.4キロ向上させたが、テレビCMでアピールしたのは、簡易型ハイブリッド車(HV)システム搭載など環境性能だった。

 ダイハツ工業が5月に全面改良した軽「ミラ イース」も、対歩行者事故や誤発進の回避につながる自動ブレーキを大半のグレードに標準装備するなど燃費性能よりも安全性を前面に押し出した。昨年の今頃、業界を揺さぶった燃費不正問題は、燃費一辺倒だった競争の在り方を変える“けがの功名”ももたらした。(今井裕治)

最終更新:5/18(木) 10:15

SankeiBiz