ここから本文です

川畑真人選手が“公道ドリフト”、「TOYO TIRES 第2回スペシャルステージ曽爾クラシック」開催

Impress Watch 5/17(水) 0:00配信

 奈良県宇陀郡の曽爾(そに)村で、ラリーイベント「TOYO TIRES 第2回スペシャルステージ曽爾クラシック」が5月13日~14日に開催された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 初開催された2016年同様、曽爾村が協力してこのイベントのために村道の一部を封鎖。フェラーリやポルシェ、ランボルギーニ、マクラーレンなどの多彩なスーパーカーに加え、ランチア、ケーターハム、MINIといった往年のラリーシーンで活躍したクラシックカーなどが会場に集まり、今回は第1回大会の37台を上まわる47台のマシンがエントリー。メイン会場となる「曽爾高原ファームガーデン」周辺に設定された4カ所のSS(スペシャルステージ)を舞台に、設定タイムとの誤差の少なさで競うタイムラリーを繰り広げた。

 さらにこのラリーイベントに合わせ、曽爾高原ファームガーデンの駐車場には多数のスーパーカーやクラシックカーが集合。ラリーに参加するクルマと合わせて車両展示が行なわれ、多くの見学者が会場に足を運んだ。

 また、トーヨータイヤ(東洋ゴム工業)が特別協賛していることから、「Team TOYO TIRES DRIFT」に所属している2015年のD1GPシリーズ総合チャンピオン 川畑真人選手や、ラリードライバーの新井敏弘選手、レーシングドライバーの井入宏之選手もゲストドライバーとして参加。

 3選手はランボルギーニやフェラーリ、マセラティなどをドライブしてタイムラリーにエントリーしたり、開催初日の夜に行なわれた前夜祭でトークショーなどを行なってイベントを盛り上げたほか、川畑選手は各SSの出走前にコース確認を行なう「0(ゼロ)カー」のドライビングも担当。この0カーには日産自動車「シルビア」のドリフト仕様車が用いられ、SS内の一部では大迫力の「公道ドリフト」を披露。地元警察も協力して村道を封鎖しているからこそ実施できるこの光景を見ようと、ギャラリーコーナーには多くのファンが集まっていた。

 タイムラリーでも前回大会で事故などのトラブルなく終えられたことから、2年目は設定タイムを少し短くしてハイスピード化。想定タイムが「60km/h~」の「アベレージ部門」、想定タイムが「75km/h~」の「ハイアベレージ部門」の2部門と、車両別に細かく設定されたクラス別でラリー競技が実施され、峠越えや牧場脇などのワインディングロードをエントリーした各車が爽快に駆け抜けていった。

 最後には曽爾高原ファームガーデンの特設ステージで各クラスの上位者と「アベレージ部門」「ハイアベレージ部門」の部門別優勝者が発表され、2日間のラリーイベントは幕を閉じた。

【お詫びと訂正】記事初出時、0カーに関する表記が一部間違っておりました。お詫びして訂正させていただきます。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:5/17(水) 7:22

Impress Watch