ここから本文です

陸自機が墜落、4人死亡【北斗市】

函館新聞電子版 5/17(水) 9:45配信

 【北斗】陸上自衛隊北部方面航空隊のLR2連絡偵察機が15日、飛行中に消息を絶った事故で、自衛隊や道警などは16日午前10時40分ごろ、北斗市の袴腰山東側の山中で偵察機が墜落しているのを発見し、午後1時50分ごろまでに搭乗していた自衛官の男性4人を現地で発見、収容した。陸路で陸上自衛隊函館駐屯地に移送したが、同日夕までに4人全員の死亡が確認された。

 死亡が確認されたのは、機長の高宮城効(たかみやぎ・いさお)1等陸尉(53)、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)、整備士の岡谷隆正2等陸曹(42)、玉木宏伸3等陸曹(28)の4人。

 自衛隊は16日午前5時ごろ、北斗市茂辺地の道道29号から袴腰山(標高616メートル)方面の約9キロ地点に拠点を置いて捜索に当たった。計約1700人、車両260台、航空機14機態勢で、空自北部航空方面隊(青森県三沢)が上空から、陸自北部方面総監部(札幌)が地上を捜索。道警は函館方面本部と函館中央署から計80人、消防は南渡島消防事務組合から48人、函館市消防本部から7人が出たほかヒグマ出没に備えてハンター5人が出動し、茂辺地自然体験の森がある戸田の沢を中心に午前7時25分ごろから捜索した。

 断続的に雨が降るなど悪天候の中、午前10時40分ごろ、標高300メートル以上の斜面で消息を絶った機体らしき破片を発見し、午後1時50分ごろまでに機体発見現場近くで服装などから自衛官とみられる4人全員が見つかった。

 函館空港事務所などによると、同機は急病患者を収容するため札幌・丘珠空港を離陸し函館空港に向かっていたが、15日午前11時47分ごろに通信が途絶え、1分後にレーダーから機影が消えた。

 防衛省によると、機体は4月中旬まで定期点検を受けており、事故前に異常やトラブルの報告はなかったという。

 陸上自衛隊は近く、事故調査委員会を組織し、現地調査などで原因究明に当たる。陸自北部方面総監部広報室の岡欣司報道班長は4人が発見されたことについて「一昼夜かかったが、発見できて良かった」と話した。

函館新聞電子版

最終更新:5/17(水) 9:45

函館新聞電子版