ここから本文です

〔ロンドン株式〕9日続伸(16日)

時事通信 5/17(水) 2:00配信

 【ロンドン時事】16日のロンドン株式市場の株価は、このところの強気地合いを保って9営業日続伸し、FT100種平均株価指数は67.66ポイント(0.91%)高の7522.03と、3日連続で過去最高値を更新して終了した。指数採用銘柄の約7割が値上がりした。
 取引時間中の最高値も7533.70と、15日に付けた7460.20を更新した。
 ロンドン・キャピタル・グループのアナリスト、ヤスパー・ローラー氏は「FT指数が7500の大台に達する画期的な出来事となった。投資家はサッチャー元首相以来の保守党圧勝が予想されている英国の今後について自信を深めているようだ。消費者物価の上昇率が予想を上振れしたことも、債券に比べ株式の魅力を高めた」と指摘した。
 個別銘柄では、英通信大手ボーダフォンが3.96%高。この日発表した決算は不振のインド事業を背景に約61億ユーロの損失を計上したが、「業績回復に向けた楽観論」から買いが入った。
 産金大手フレスニーヨは2.90%高、英・豪系資源大手リオ・ティントは2.68%高、英ホームセンター大手キングフィッシャーは2.64%高、英通信大手BTは2.09%高、英生活用品大手レキット・ベンキーザーは2.08%高、英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコは2.06%高、英酒造大手ディアジオは2.02%高。
 一方、英投資会社ハーグリーブス・ランズダウンは8.50%の大幅安。英格安航空大手イージージェットも7.25%の大幅安。英ソフトウエア会社マイクロフォーカスは3.04%と売られた。

最終更新:5/17(水) 2:26

時事通信