ここから本文です

パナ、タブレット用電池パックをリコール 発火の恐れ

朝日新聞デジタル 5/17(水) 0:06配信

 パナソニックは16日、タブレット端末「FZ―G1シリーズ」のバッテリーパックで発火の恐れがあるとして、リコール(回収・無償交換)すると発表した。2013年1月~17年3月に製造された品番がFZ―G1の後にA、B、C、F、J、K、L、M、Nがつく端末に入ったもので、予備用などのパックも含む約28万個が対象。国内では約3万個が売られた。

 製造過程で異物が混入した可能性がある。15年3月以降全世界で16件の発火事例があったという。問い合わせはフリーダイヤル(0120・870・163)。受付時間は平日の午前9時~午後5時。

朝日新聞社

最終更新:5/17(水) 0:06

朝日新聞デジタル