ここから本文です

第28回金曲奨 メイデイが最多8部門にノミネート/台湾

5/17(水) 12:48配信

中央社フォーカス台湾

(台北 17日 中央社)台湾の権威ある音楽賞「ゴールデン・メロディー・アワード」(流行音楽金曲奨)の2017年度のノミネートリストが16日、発表された。最多ノミネートはロックバンド、メイデイ(五月天)の8部門。女性歌手のイブ・アイ(艾怡良)が7部門と後に続いている。

メイデイは昨年7月にリリースしたアルバム「自伝」とその収録曲で年間アルバム賞、中国語アルバム賞、アルバムプロデューサー賞、バンド賞、年間楽曲賞、ミュージックビデオ賞、作曲家賞、作詞家賞に名を連ねた。

メイデイはノミネートリストの発表後フェイスブックで、スタッフや金曲奨審査員、「メイデイとともに自伝を書いてくれた全ての人」に感謝を示した。

金曲奨は今回、「年間アルバム賞」を新設。中国語、台湾語、客家語、先住民語の各アルバム賞にノミネートされた全22作品と年間アルバム賞独自の審査で選ばれた2作品の計24枚で賞を争う。

この日台北市内で開かれた記者会見で、審査員団のカイ・ハン(黄韻玲)主席は今年度の審査について、作品の多元性と先見性、今後5年のポテンシャルを原則にしたと説明。最多ノミネートを果たしたメイデイを例に挙げ、デビューして長いにも関わらず常に人々に驚きを与え、その一方で初心も感じさせるのは「なかなか成し得ないこと」だと称賛した。

授賞式は6月24日に台北市内で開催される。

(鄭景ブン、呉欣紜/編集:名切千絵)