ここから本文です

「牧場物語」の流れをくむ牧場シムがSwitch、PS4、PC向けに海外で発表

IGN JAPAN 5/17(水) 9:05配信

追記:本記事では「Harvest Moon: Light of Hope」を「牧場物語」の新作として紹介したが、日本における「牧場物語」の版権はマーベラスが所有している。「牧場物語」は2012年まで、海外では「Harvest Moon」として知られていた。だが、XSEED GAMESが海外での発売を担当するようになってからは「STORY OF SEASONS」に変更となった。理由は、それまで海外でシリーズを展開していたNatsumeが「Harvest Moon」の版権を所有しているからだ。そのため、今回Natsumeより発表となった「Harvest Moon: Light of Hope」は「牧場物語」シリーズ本家の新作ではない可能性が高い。なお、国内での発表はまだ確認できていないため、日本でも発売されるかどうかや国内タイトルは不明だ。IGN JAPANは今後もこのニュースを注目していくので、続報を待ってほしい。
元記事

Natsume Inc.(アメリカ)とRising Star Gamesは海外向けに「牧場物語」シリーズの新作「Harvest Moon: Light of Hope」をSwitch、PS4、PC向けに発表した。
新作は「濃厚なストーリーと明白なゴール」があり、スーパーファミコンのルーツに戻る作品になるという。現時点、日本での発売についての言及はない。




「Lights of Hope」でプレイヤーは船乗りになるが、航海中にモンスーンに遭い、小さな港町に漂着するところからスタートする。嵐の犠牲になった港町の復興と灯台を建て直すことが目的だ。プレイヤーは素材を集めたり、野菜を育てたり、家畜を飼ったりして港町を栄えさせていく。本作はE3 2017にてプレイアブル出展するらしい。
Natsume Inc.のCEOであるHiro Maekawaは「SFC風のノスタルジックなゲームで、深みのあるキャラクターやイベントを楽しみにしてください。ファンの皆さんのE3 2017での実際にプレイした感想を楽しみにしています」と発言した。
「牧場物語」は今年、北米で20周年を迎えるが、本作はそれを記念する作品となるそうだ。Natsume Inc.は他にも「牧場物語 Oh!ワンダフルライフ」と「牧場物語3 ハートに火をつけて」をPS4に向けて再配信し、「牧場物語2」をWii U向けに再配信する。こちらについても日本での展開は不明だ。

Alex Osborn

最終更新:5/17(水) 23:05

IGN JAPAN