ここから本文です

「悪玉」免疫細胞の元を発見=がん増殖を促進―医科歯科大

時事通信 5/17(水) 1:09配信

 通常は免疫細胞として働くのに、がんの増殖や転移を促進する「悪玉」に変化するマクロファージの元になる細胞を、東京医科歯科大の研究チームが発見した。論文は16日付の米科学誌イミュニティ電子版に掲載された。

 マクロファージは免疫細胞の一種で、白血球の一種「単球」から変化して細菌の排除などの役割を果たす。しかし、がん細胞周囲では腫瘍関連マクロファージ(TAM)に変化し、がん細胞を攻撃するT細胞などを抑制したり、転移を促進したりするなどの「悪玉」に転じる。

 単球はこれまで、GMPと呼ばれる単一の前駆細胞から分化すると考えられてきたが、同大の樗木俊聡教授らが詳しく調べたところ、細胞表面にあるたんぱく質の違いで、cMoPという別の前駆細胞の存在が判明。cMoPが単球を経るとTAMになることが分かった。

 研究チームは、cMoPの働きを一時的に抑制できれば、単球やTAMの生成が抑えられて新たな治療法につながるとみており、候補となる物質の探索を進めている。 

最終更新:5/17(水) 9:22

時事通信