ここから本文です

上賀茂神社にヒノキ香るトイレ 京都

京都新聞 5/17(水) 9:05配信

 京都市北区の上賀茂神社はこのほど、参拝者用のトイレを新設した。広さを約4倍に拡張、天井は張らず、屋根裏にヒノキ材の白木が渡してあり、木の香りがする。
 以前のトイレは老朽化が著しく、参拝者の増加に対応するため、市の補助金を得て新設した。面積約230平方メートル。コンクリートと木造の混構造の平屋建て。昨秋から半年かけて建設した。
 女性用は19室あり、うち1室が和式。個室の授乳室も2室備え、おむつの交換台も設置した。新たに、腹部に便や尿の排せつ口である人工肛門や人工ぼうこうを設けたオストメイトや車いす利用者にも対応した。利用は午前5時半~午後6時。
 田中安比呂宮司(75)は「単に用を足す場所というのではなく、使いやすさを意識した。社殿との違和感がないように、最高のヒノキ材を使った」と話している。

最終更新:5/17(水) 9:42

京都新聞