ここから本文です

赤坂で音大生によるピアノコンサート 若い音楽家を応援 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 5/17(水) 7:00配信

 赤坂のピアノショールーム「赤坂ベヒシュタインサロン」(港区赤坂6、TEL 03-6441-3636)が5月20日、第2回「ランチタイムコンサート~明日の音楽家たち~」を行う。(赤坂経済新聞)

演奏に使う「ベヒシュタイン」

 同社はピアノ販売のほか、スペースの貸し出しも行っており、月に3~4回のペースでピアノイベントなどを開催する。

 今回会場となる赤坂ベヒシュタインサロンでは、予約申し込みをすれば「ベヒシュタイン」を試奏することができる。ベヒシュタインは「スタインウェイ」、「ベーゼンドルファー」と並び、世界3大ピアノメーカーとされるドイツのピアノ製造会社で、当日はこのピアノを使い演奏を行う。主催者である冨永彩子さんは「赤坂はライブハウスやジャズバーなどが点在している音楽と縁の深い街。そんな赤坂から世界に飛び立つ学生を応援することを目的にこのイベントを企画した」と話す。

 第2回となる今回のコンサートでは、国立音楽大学大学院を今春修了した八谷晃生さんが演奏を披露。ヨハネス・ブラームスの楽曲「ピアノソナタ 第3番 第1楽章 op5」や、セルゲイ・ラフマニノフの楽曲「プレリュード op23-5」などを演奏する。

 「音楽に携わっている人にとって、赤坂は憧れの街。今後もこうしたイベントを積極的に開催し、若い人たちに演奏のチャンスつくりたい」と冨永さん。「演奏したい大学生はもちろん、協賛していただける企業も募集している。みんなで赤坂を盛り上げられれば」とも。

 開催時間は12時~。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/17(水) 7:00

みんなの経済新聞ネットワーク