ここから本文です

道の駅整備中止を決議 坂東市議会、百条委議決受け提案

茨城新聞クロスアイ 5/17(水) 7:00配信

坂東市議会は16日までに臨時会を開き、市が圏央道坂東パーキングエリアと一体型での整備を計画している道の駅について、中止を求める決議案を全会一致で可決した。

市議会は「庁舎建設及び公共用地の取得に関する調査特別委」(百条委)の議決を受け提案。百条委は、道の駅予定地には産業廃棄物を埋めた処分場跡地があるとし、廃棄物の処理とともに道の駅建設にも多額の予算がかかるため、中止すべきとした。

市によると、処分場は旧岩井市が一般廃棄物の処理に使っていたが、産業廃棄物の有無は不明という。市は「慎重に精査していきたい」とした。

道の駅を巡っては、市が昨年9月の議会定例会に用地取得費などを盛り込んだ議案を提出。2020年の完成を目指し、地元の商工・観光関係者らによる諮問委員会が設備や運営方針を議論している。

茨城新聞社

最終更新:5/17(水) 7:07

茨城新聞クロスアイ