ここから本文です

英語堪能、趣味はバイオリン=眞子さまお相手「海の王子」

時事通信 5/17(水) 5:09配信

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)が婚約されるお相手の小室圭さん(25)は2010年、神奈川県藤沢市観光協会が主催するコンテストで「湘南江の島 海の王子」に選ばれ、同市のPR活動を行っていた。

 同年の「海の女王」に選ばれ、一緒に活動した藤沢市職員の並河理奈さん(26)は17日までに取材に応じ、「爽やかでかっこいい、王子様みたいな人です」と小室さんを評した。

 並河さんによると、英語が得意な小室さんは、イベントを訪れた外国人観光客に積極的に話し掛け、記念撮影を買って出るなどしていた。藤沢市と江の島の魅力を、名物のサザエに例えて「奥まで楽しみ・うま味が詰まった町です」とアピールしていたという。

 並河さんは「頼もしく、センスがあって、見習いたいと思った」と話す。

 小室さんは「海の王子」に選ばれた際の抱負を、「湘南藤沢の魅力をグローバルな視点からお届けできたらうれしいです」と、同協会のホームページでつづっていた。「バイオリン・スキー・料理」が趣味で、将来の夢は「外交に携わる」。「王子」の経験を振り返り、「僕の宝物」と記した。

 眞子さまと婚約されることを母親からの電話で知ったという並河さんは、「びっくりした。まさか身近な人が皇族と婚約するなんて」と目を丸くした。「とてもお似合いだと思う。『本当におめでとう、(眞子さまを)幸せにしてね』と伝えたい」と、顔をほころばせた。 

最終更新:5/17(水) 12:53

時事通信