ここから本文です

アマゾンがワインの頒布会をスタート

ネットショップ担当者フォーラム 5/17(水) 11:31配信

アマゾンジャパンは5月16日、総合オンラインストア「Amazon.co.jp」でワインの頒布会「Amazonワインクラブ」を開始した。

3万点以上のワインを取り扱う「Amazonワインストア」専属の専門家「Amazonソムリエ」とワイン専門店が協同。厳選したワインを一定期間決められた頻度で指定の場所に配送する。

「Amazonワインクラブ」の開設にあたり、ワイン専門店のエノテカと協業。2コースを用意した。

・3万1752円のコース(世界のプレミアムワインが飲み比べできる赤・白・スパークリングの3本セットを3か月にわたって配送、合計9本)
・1万5876円のコース(世界の銘醸ワインが飲み比べできる赤・白・スパークリングの3本セット、赤ワインの3本セット、白ワインの3本セット、エノテカのベストセラー赤ワインの5本セットの4種類から選択可能。3か月にわたって届ける。3本セットの商品は計9本、5本セットの商品は計15本)。

初回注文分は、注文から1週間以内に発送。2回目以降は毎月15日頃に手元に届くようにする。

アマゾンでは2014年に酒類の直接販売をスタートし、ワインのほか、ビールや日本酒、焼酎などを販売。2015年には温度管理対応倉庫の稼動を始めた。

最終更新:5/17(水) 11:31

ネットショップ担当者フォーラム